脱毛の歴史について

脱毛は身だしなみとして当たり前になっています。

 

女性のみならず、男性も口髭以外の部分を脱毛することが不思議ではありません。

 

この脱毛、一体いつの時代から行われていたのでしょうか。

 

脱毛 歴史

 

なんと数万年前には始まっていたとされています。

 

この当時には脱毛剤や毛抜きのような専門道具はありませんから、石器などで原始的にカットしていたようです。

 

そして紀元前には、すでに脱毛剤が登場します。

 

それどころか毛抜きなどの道具も開発されていました。

 

日本での記録は平安時代まで遡ります。

 

余分な毛を抜き、書いて整えるという現代のメイクに近い方法がすでにとられています。

 

江戸時代には脱毛剤もあり、手足の毛などを綺麗にしていたようです。

 

19世紀に入り、永久脱毛という考え方が生まれます。

 

そこから電気的な脱毛方法が開発されていきます。

 

20世紀になって、レーザーによる脱毛が可能になりました。

 

現在の脱毛は個人で行う場合を除いて、ニードル電気、ワックス、シェービング、光、レーザーが主に用いられます。

 

脱毛は古代より需要があった行為なので、技術も進化しています。

 

脱毛による肌へのダメージは個人差がありますので、専門機関でよく相談してから行いましょう。

 

化学技術の進歩や、時代に合わせた流行り廃りがあったとしても、基本的な美意識は今も昔も変わらないことがよく分かります。